「天覇争乱」ブラウザ三国志×4Gamerのインタビューまとめ


ブラウザ三国志

ブラ三のプロデューサーを務めるマーベラスAQLの五味一郎氏とディレクターの勝木洋輔氏に4Gamerがインタビューを行い、天覇争乱アップデートの進捗を確認とな。

 

いや~ね、もう、なんていうかね、すっかり忘れていましたよ、ブラ三!、ではなく「天覇争乱」。天覇争乱って何?っていう人や忘れちまったよって言う人のために簡単に説明すると、2013年5月に開催されたオフラインイベント「公開君主会議」(パンダもらえるやつ)で、最大16ワールドの統合とゲーム内に三つの新要素が加わると発表されたアレですね。

 

天覇争乱はそれぞれの章に分かれており、天の章は装具の実装(武将カードに付いたスロットに、剣/弓/鎧/馬などから装備するものを選び,さらにそれぞれを合成できるというシステム)、覇の章は魏・呉・蜀以外の覇の勢力が登場し、スキル合成などに新しい広がりが生まれるもの、争の章はすでに実装済みの盾兵・大盾兵・大剣兵の三つの新兵種の実装、乱の章も実装済みの8ワールド以上の鯖の大合併を表します。

 

で、インタビューに戻りますと「天覇争乱アップデートってマダー??」と聞いてくる4Gamerに「まぁーだだよ」して、他にもこんなアップデート準備してるよっていう内容です。すでに新兵種の実装とスキルインフレ、課金ダスキャンペーン乱発による高レアリティカードの飽和などによるパワーインフレが起きているきらいもあるように(個人的な感想です、このインタビューで語られているわけではありません)、残っている二つのアップデートにおいてゲームバランスが崩れたり、それによるユーザー離れが起こらないよう慎重に検討しているようです。特に装具についてはユーザーの間では、懐疑的な声も多く、そういった声を運営も把握しているのかもしれませんね。

 

この天覇争乱とは別に、2014年夏に武将デュエルをリニューアルし、カードの育成状況が反映される内容になるそうです。RPGのバトルみたいになるのでしょうかね?インタビューによると「6枚の武将カードを使い、それぞれのカードが攻撃と防御を行います。つまりカードの個性や育成度合いが反映されるわけです。」とのことで、「現在のデュエルは、ランキング1位になっても報酬に結びつかないオマケのコンテンツのようになっていますが、改修後は経験値を得られたり、結果に見合った報酬がもらえたりと、繰り返し遊べるようなコンテンツを目指しています。」とのことです。

 

bura4

 

 

そして今後は他のゲームタイトル(もしかしたらアニメなどとも)とのタイアップやコラボを増やしていくようです。いらん。このインタビューと最近の課金挑発キャンペーンをうがった見方で見ると、ユーザーから今のうちにお金を払わせといて、アップデートの開発費にしたり、万が一ゲームバランスが崩れユーザー離れが起きた時の保険的な前金徴収としているのでは??なーんて思う人が出てきてもおかしくはありません。心のきれいな私はもちろんそんなこと微塵も考えたことがありません。

 

 


モントレ注目記事はこれだっ!!